2010年01月20日

もう中性脂肪は怖くない!肥満と闘うための健康ダイエット情報

くびれたウエストは良いスタイルを作る要点となります。ウエストを細くするには、ひねりのあるトレーニングと、有酸素運動です。
テレビを見ていてCMになったら、その時間で腕立て伏せなどにトライして肉体を動かします。それだけでも健康的なスリム化になります。

太りすぎかどうかは見た目のスタイルよりも体脂肪率とBMIという指標に留意すべきです。
目標体重を決めたら、摂るべき栄養素、取り込むべきでない糖質、脂分を定期的に認識してください。
唐揚げなどが好きであまりトレーニングをしない人は、老廃物が溜まりやすいので、お酢をなるべく摂取するすべきです。
早食いは、カロリーを余分に摂ることになりますので調整してください。

8ヶ月前の某番組でもやっていたけど、食べあわせのダイエットは効能がある。
しかしながらキープするのがのですね。そういえば、栄養不足や加工食品とかを余分に摂ることで体の中の代謝が悪化しても太るらしいですよ。
それから来週の月曜は知り合いとステーキを食べに行く約束ですが、やめようかな。
多量の贅肉を燃焼するため、カプサイシンジュースを飲んで27分間だけど水泳しました。

アメリカなどでも好評ですが、EMS(腹筋マシーン)を使ってのスポーツは基礎代謝量を増やしエネルギーを燃焼しますので内脂予防にもいいです。
トレーニングによる効能はカロリーの消費だけでなく、この頃では細胞の活性化も考えられてます。

アンチエイジングの効能のある豆乳は高タンパクですが低脂肪のためこの頃は巷でも好評になってきています。
ギャバは内臓の運動を活発にし、油脂エネルギーの消費を促進します。それから血中のコレステロールと中性脂肪の量を抑制し、脂肪の代謝をキープします。

内臓脂肪症候群だった仲間が痩せてもお腹の場所がポッコリだったので、接骨院で調べてもらったら骨盤が本当に歪んでたそうです。
フラフープが効き目ありのようですね。とにかく身体の基礎代謝を向上をして肉体に筋肉もつけておかないとすぐリバウンドしますから怖いです。
posted by リサ at 11:32| ダイエット | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。